アルバニアホワイトニングクリーム 成分

アルバニアホワイトニングクリームの成分はどうなっている?

アルバニアホワイトニングクリームの成分とは!

アルバニアホワイトニングクリームは理想的なお肌の状態にしてくれると評判なのですが、どんな成分が配合されているのでしょうか?アルバニアホワイトニングクリームに含まれている成分を調べてみました。アルバニアホワイトニングクリームの成分が気になる方はご参考にしてください。

 

アルバニアホワイトニングクリームの重要な成分

アルバニアホワイトニングクリームにはどんな成分が含まれているのでしょうか?アルバニアホワイトニングクリームの有効成分をご紹介しましょう。

 

・トラネキサム酸
トラネキサム酸は、炎症を抑えて、メラニンの生成を抑えてくれます。メラニンというのは、紫外線のダメージや肌の内部で起こるダメージによって引き起こされ、お肌の細胞内のDNAを護るためにできます。年齢とともに肌の力が弱くなり、炎症が過剰に引き起こされます。

 

・グリチルレチン酸ステアリル
グリチルレチン酸も炎症を抑えてくれます。アルバニアホワイトニングクリームに含まれる、グリチルレチン酸ステアリルは抗炎症効果があり、炎症を抑えてメラニンの生成を抑えてくれます。

 

・牡丹エキス
牡丹エキスは、抗炎症や血行促進のために使われる成分です。古くから漢方でも使われてきました。紫外線を受けると、肌の中で炎症がおきて、メラニンの生成につながりますので、紫外線ダメージからお肌を護ってくれます。

 

・カッコンエキス
血行促進、抗炎症、メラニンを作る酵素の分泌を抑えます。肝斑が気になる方にも嬉しい成分で、コレーゲンの合成力を高めますので、しわやたるみに期待できます。

 

・コメヌカ油
保湿効果が高く、肌にもとから備わっているバリア機能をアップしてくれます。潤いを与えてくれるだけでなくて、肌本来の水分保持力をサポートしてくれます。

 

・ユキノシタエキス
活性酸素を取り除いてくれる働きをします。紫外線によって傷ついたDNAを修復してくれて、メラニンを作るための酵素の働きを抑えます。皮脂の酸化も抑えてくれます。

 

・クロレラエキス
保湿効果があって、細胞も活性化してくれますので、しわ、シミ、くすみのケアができます。

 

・アロエエキス
肌の炎症を抑えてくれる働きがあります。保湿効果が高くて、肌をしっとりとみずみずしい状態にしてくれます。

 

このように、植物エキスには高い抗炎症成分があります。肌の保湿と血行を改善してくれて、細胞の活性化によってターンオーバーを正常にしてくれます。そして、透明感があって明るいお肌にしてくれるのです。

 

アルバニアホワイトニングクリームは、お肌に負担をかけない成分が含まれていて、しかりとした美白ケアができます。

アルバニアホワイトニングクリームは副作用がある?

アルバニアホワイトニングクリームには副作用があるような添加物は含まれているのでしょうか?

 

アルバニアホワイトニングクリームには、添加物は多少含まれていますが、どれも安全性が高い添加物なので安心して使っていただけます。アルバニアホワイトニングクリームに配合されている成分を知ってから使用するとさらに安心して使用することができますね。

 

>>アルバニアホワイトニングクリームの最安値はこちら